海外に転職場所を求める場合は現地採用と駐在員の2つがあります

起業する為の心構えとエクセレントエンリッチを伝えるサイト

お給料には格差がでます。

成長著しいアジアへ転職する人が増えています。

海外で働く場合、大きく分けて2つの方法があります。

1つが、日本国内で転職し海外駐在員として働く方法で、もう一つが海外に自分で行き、現地で採用されると言う方法です。

日本企業が数多く進出している中国では、日本人の現地採用も増えており、いずれもこうした情報は日本国内にいながら閲覧することができ、企業によっては中国に足を運ばなくても日本国内で面接を受けることができる場合もあります。

ただ、海外駐在員は住宅手当が支給されたり、保障が手厚いのに対し、現地採用はあくまでも現地の採用の職員となるので、保険や就労ビザ等自分で準備しなければならないこともあります。

しかし、海外駐在員と違い会社の指示により他の国で働くことはまず無いので、その国でじっくり働くことも可能となっているのです。

お給料ですが、駐在員の場合日本のお給料と現地のお給料の2本立てとなります。

しかし、現地の賃金は低くなることがほとんどですので、お給料が2倍以上になると言うことはまずありません。

現地採用の場合は、現地の賃金が基本となります。

よって、日本のお給料より少なくなることが多いのですが、アジアは働き方がのんびりしていることが多く、日本のように時間に追われて仕事をすることは稀と言えます。

海外で仕事を探す人専用のサイトがあり、自分の働きたい国に的を絞って仕事を探すことが可能です。

仕事によっては語学が必須となる場合もあります。